宇宙の中で惑星がいろいろあった。
惑星は、恒星の周囲を公転する、比較的大きな天体

私達も惑星のように存在だと思うんだよ。

それぞれの軌道を回って生き続け、それぞれの中心を信じているし、
それに、正し姿で正し道を行きながら、自分の光がずーと輝いてる


でも、時々天気が変になった。
ずーと雨が降り止まなくて、いつも曇りだ。
そんな時、惑星のような人として、もし軌道を離れてしまうかどうかと思ってみたら、
本の問題を発見する可能があるし、
なぜ道を間違えたのもだんだんとわかってくるかもしれない。

どうすればいいと聞けば、
しばらく休んでどこも行かないほうがいいだろう?
雲がどんな形になるのも、風が何を運んでるのも、
よく見ると、
大切な何か忘れたのをだんだんと思い出して、
何を信じ続ければ正しのがだんだんとわかるね。

違えた道を捨てる時、何かぶつかる可能もある。
しかし、それは必要な過程なので、そのままで進んで行けなければならない。
そうすると、また正し道に帰れるの。
生活と心に傷付いたかもしれないけど、
正し道に帰って行くと、光はまた輝きながら、どんな傷でも治してしまったんだね。
そう思うんなら、
不思議だけど、いっぱい勇気を生き出すだろう。

惑星のような人として、
簡単な中心を信じて正し軌道を回って行くのは闇に心を明るくする方法。
それしかないでしょう。


なつみ。 2010夏。

創作者介紹
創作者 faysfantasy 的頭像
faysfantasy

人生に素直になるように

faysfantasy 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()